FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雛祭り
2008/03/03(Mon)
今日は雛祭り、桃の節句ですね。
子供の頃に雛人形は買ってやれないからと母が毎年、桃の節句にケーキを買ってくれていた
ことを思い出すと懐かしくなります。

さて、そんな雛祭りの由来が気になって少し調べてみました。

雛祭りは女の子の健やかな成長を祈る年中行事、これは一般的に知られていますね。
そんな雛祭りは、ひいなあそびとも言うそうです。

桃の節句は『五節句』のひとつの『上巳の節句(じょうしのせっく)』であり、中国の思想と
日本独自の風習が一緒になったんだそうです。
上巳(じょうし)は「じょうみ」とも呼ばれ、 3月の初めの巳の日をいいます。
この日に水辺に出て不祥を除くための禊祓(みぞぎはらえ)を行い宴会を催し、お祝いを
したんだそうです。
古代中国では、初めは巳の日でしたが魏の時代より3日となったそうです。
この行事の中国での謂れは穢れ(けがれ)を祓い清める招魂の意味が強かったようですが
日本独特の祓(はらえ)の思想と結びついたのだとか。

日本では和暦の3月の節句(上巳)である3月3日(現在の4月頃)に行われていたそうで
明治6年1月1日の改暦以後は新暦の3月3日に行なうのが一般的になったそうです。
(因みに明治6年に五節句の制度は廃止されましたが民間行事として定着したんだとか。)

しかし一部では引き続き旧暦3月3日に祝われるところもありようで、旧暦では桃の花が咲く
季節になるため桃の節句となったと言われています。

こんな風に昔々に、あちこちから色々と伝わって日本独特の文化になったんですね。
スポンサーサイト
この記事のURL | つれづれ | CM(2) | ▲ top
<<mina、ストリーキング | メイン | 『愛の書簡』>>
コメント
-  -
minaさん。訪問&コメントありがとうございます。ひな祭りの由来ですか・・・。中国もつながっていたのは驚きです。人形は、本来身代わりとして作られたとか、そういう話も聞いたりしましたが、ここに書いてある話は初めて聞きました。物事に歴史・・・あるものですね。
2008/04/06 18:26  | URL | のび太 #-[ 編集]
-  -
のび太さん☆
私も調べてみて、由来の大半を初めて知りました。
日本は倭の時代に中国大陸や朝鮮半島から色々なものが
伝わった国ですから色んな文化の礎がアジアのどこかに
あったとしても何ら不思議はないですよね。
そんな中で日本独自の文化が築かれていったところなど
歴史的ロマンを感じてしまいます。
もっと色んなことを調べてみたら、もっと面白いことが
分かったりするんでしょうねぇ。
2008/04/06 20:10  | URL | mina #hiiZJbic[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。